相手が話しやすいようお膳立てする

良いコミュニケーションとは、相手へメリットを与えること。

喜んでもらう、楽しかったと思ってもらう、価値を感じてもらう。

 

相手を話しやすい状態にするのに、必要な事は

自己開示+質問+リアクション

 

これらも、『相手へメリットを与える』という観点から考え、構築していきましょう。

 

 

自己開示

人は正体不明のモノに対して警戒心を抱く、それはコミュニケーションでも同じです。

まずは自分を知ってもらうことが信頼関係を構築する第一歩。

こちらから心を開くことによって、相手も心を開きやすくなります。

 

しかし、自己開示はあくまで自分のことを話す時間。

あまりに長く自己開示をし続けていても、相手からしたら「知らんわ」となってしまいます。

 

ここでも重要になってくるのは、相手のメリット。

 

まずは短く。

人が興味あることは結局自分のことなので、自己開示は短めで終わらせておきましょう。

 

そして具体的な内容は、軽い失敗談や自虐ネタ。

「人の不幸は蜜の味」

なんて言葉もあるように、人の失敗談や不幸話は、やはり聞いててちょっと楽しいもの。

 

弱い部分、恥ずかしい部分を出すことであなたという人間性に厚みが増し、相手もより心を開きやすくなります。

 

 

ただし、相手が笑って聞き流せる程度の内容にしておくことと、愚痴っぽくはならないように。

あまり重すぎるとドン引きされてしまうし、愚痴っぽく語ると空気を悪くしてしまいます。

 

カラッと元気に失敗談を語りましょう。

 

 

質問

相手が思わず答えたくなる、話題を掘り下げる質問を投げかける。

 

掘り下げる部分は以下(例文はゴルフの会話を想定)

【理想】

「目標にしている選手はいますか?」

「一度はプレイしてみたいコースは?」

 

【理由】

「ゴルフにハマった理由って何ですか?」

「ゴルフを続けている理由は?」

 

【きっかけ】

「ゴルフを始めたきっかけは?」

 

【魅力】

「ゴルフの面白さって何ですか?」

「ゴルフをやっていて良かったことは?」

 

【一番】

「〇〇さんのベストスコアは?」

「今までで一番良かったコースは?」

 

【最近】

「最近ゴルフへ行ったのはいつですか?」

「先週のラウンドはいかがでしたか?」

 

【苦労話(愚痴)】

「ゴルフの難しさってどういうところですか?」

「ラウンドしていて大変だったことはありますか?」

「辞めたいなって思ったことはありますか?」

 

 

リアクション

感情を言葉にしてリアクションをする

 

【共感】

「分かります~、私も〇〇さんと同じ考え!」

「私も〇〇さんの立場だったら同じように考えました!」

 

【特別視】

「それは珍しい!」

「初めて聞きました!」

 

【意外】

「〇〇さんの印象、変わりましたよ~」

「そんな側面もあったんですね!」

 

【興味】

「ちょっとメモとらせてください!」

「もっと詳しく教えてください!」

 

【称賛】

「素晴らしいですね!」

「なんでそんな凄いんですか!」

 

【羨む】

「羨ましいなぁ~!」

「普通じゃ体験できないことですね!」

 

 

あとは繰り返し。

相手からの答えに対して『リアクション』

自分の思いや考え、もしくは関連した体験談を『自己開示』して

新たな『質問』をする。

 

 

雑談は、コミュニケーションにおいて非常に重要な役割を果たします。

コミュニケーションマスターは雑談マスターと言えるかも。

 

ぜひ上記質問とリアクションを使いこなし、雑談マスターになってください。

永遠に会話を続けられるようになり、また続けるのが苦でなくなります。

 

 

コミュニケーションが苦手な理由 back<  >next これからの時代におけるコミュニケーション