婚活を行い自分が理想とする相手に出会うためには、相手を理解する事が必要です。そのためには「コミュニケーション能力」が大切になってきます。

この記事では、どうして婚活に必要なのかを解析していきたいと思います。

婚活とは

婚活とは、結婚相手を見つけるためにパーティへの参加や、相談所に登録する活動のことです。最初の一歩は気軽にできるかもしれませんが、人生を大きく変える結婚に繋がることですので、次第に慎重となっていきます。

しかし、今では婚活を行っている人は増えているため、参加して待っているだけでは理想の相手に出会えなくなっています。相手に関心を持ってもらったり、意識してもらったりするためには、コミュニケーションを行う必要があります。

会話の目的

会話は、プライベートでもビジネスでも、「自分の意志を相手に伝えるため」、「相手に自分の希望通りに動いてもらうため」の二つを目的としていることが多いです。

自分の意志を伝える事は比較的に行いやすいかもしれません。しかし、相手に動いてもらうためには、相手にその動きの必要性を納得してもらう必要があります。

例えば、どこかに出掛けたいから時間の都合を付けてもらいたい時でも、何故出掛けたいのか、何をしたいのかを話しを行わないと、相手に疑問や違和感を覚えられてしまいます。

会話の必要性

自然と日常生活の中で行っている会話ですが、その流れで相手に自分のことを知り、また理解してもらうことができます。

人間は自分を理解してもらうことにより、自分を見てくれていると思い幸福感を覚えます。その結果、相手に対して信頼感や、大切な存在だということを感じるようになります。

コミュニケーションと恋愛の関係性

コミュニケーションが上手く取れないことにより、恋愛がうまくいかないケースもあります。それは婚活パーティにおいても言えます。コミュニケーション能力が低い場合は、下記のような失敗をする可能性があります。

過度に慎重になってしまう

相手の考えが分からないのは他人だから当たり前。しかし、会話を行うことで相手の考えが伝わっていき、理解に繋がります。

そのため、会話をしないと自分の事が相手に伝わりません。結果、相手側も慎重になってしまい、参加していても誰からも声がかかりにくくなってしまいます。

会話に混ざることができない

自分から話しかけられない場合は、相手から話しかけてもらうしかありません。しかし、いざ話しかけてもらえても、話が盛り上がらなければそこで終わってしまいます。

折角お金を支払い、出会いを求めて来ているのですから、話が盛り上がらない人よりは話が盛り上がる人と話したいのは当然です。待っているだけでは意味がありません。

次に繋がらない

婚活をきかっけにデートに繋がった時でも、油断をしてはいけません。デートの時でも遠慮をしてしまい、会話ができなくなってしまえば、次に繋がらないこともあり得ます。

あくまでも相手の話を聴きながらも、自分からも話したり、自分の意見を述べたりする事が大切です。

デートの段階では、ある程度相手は好意を持っているか、自分と仲良くなりたいと考えているはずです。そこで不安になってしまう事もあるでしょうが、過度にくよくよしてしまえば上手く行っていたものも失敗してしまいますので、少しだけでいいので自信をもって会話をするようにしましょう。

コミュニケーション能力と自己価値

恋愛では、相手に「好きかもしれない」、「自分のことがこの人は好きかもしれない」、と感じてもらうことが大切といえるでしょう。

何故ならば、その思いこそが相手の行動に繋がるからです。思いが募れば募るほど相手は考えていき、連絡を取るようになったり、デートに誘おうと思ったりするようになるものです。

では、どのようにしたらそのような思考に繋がるかというと、相手に関心を示すことが大切です。相手のそばに立つことや、スキンシップなどの行動で関心を示すこともできますが、相手によっては逆効果になることもあるでしょう。

しかし、相手を褒めることや、楽しそうに話していることを盛り上がるように合いの手をいれたりする事でも、関心があることは伝わっていくでしょう。

その場合は、こちらのコミュニケーション能力が必要となってきます。つまり、コミュニケーション能力は自分の価値を上げる事に繋がっていきます。

コミュニケーション能力を磨く方法

コミュニケーション能力では、「話す力」と「聴く力」、どちらも必要になってきます。これらを意識し、変えていくことで、スムーズなコミュニケーションに繋がります。

話す力

まずは話し方を意識しましょう。何を話しているのか伝わらなければ、相手の関心は失われてしまいます。そこで、結論・目的などから話すようにしてみましょう。それにより、相手が理解しやすくなり話を聴きやすくなります。

また、話し方は人に合わせる必要があります。ビジネス相手と婚活相手では、話し方は大きく変わってきます。硬すぎずフランクすぎず話すのがいいでしょう。

聴く力

聴く力とは、相手のことを理解できる様にしっかり聴くことだけではありません。相手に話しやすいと思わせるような姿勢が大切です。例えば、相槌をうてばしっかりと聴いてくれていると相手にも伝わり、相手は更に話したくなります。

場馴れ

話す力、聴く力を身につけても、使う事ができなければ宝の持ち腐れです。しかし、始めから使うことは難しいでしょう。何度も様々な人と、これらを意識したコミュニケーションを行うことで経験値が上がり、次第と意識せずスムーズに会話できる様になるでしょう。

まとめ

会話は普段から仕事・家族・友達など誰かしらと1日1回は行うでしょう。その時は特に何も考えずに、自然と行っている場合が多いです。しかし、恋愛となると会話をスムーズに行えることが婚活成功の道に繋がっていると言えます。

コミュニケーションカレッジでは、講座・実践を通じて婚活に必要なコミュニケーションスキルや婚活に必要な力が学べますので、是非一度参加してください。