男性が「結婚したい!」と思える女性とはどんな女性でしょうか?自然体がだらしない彼でも、全てにおいて受け入れてくれる女性?単純に何も気を使わないで一緒にいられるだけの人?

もちろん「結婚したい!」と思わせる女性になるには、「相手が自然体のままいられる存在」であることは大きな要素でしょう。

しかしもう一歩踏み込んでみると、男性にとって結婚するメリットのある女性とは、ズバリ「自分の足りない所を補ってくれる女性」です。

「あなたの人柄って素敵」「その生き方が好き」「すごく素直な所が、魅力的」等と、ただ彼のありのままを受け入れるだけでなく、さらに、「自分に足りない要素」を埋めてくれる事がポイントとなります。

何故これがポイントになるかと言うと、結婚とはただの恋人関係とは違い、相手と長い一生を共にする事だから。

人には得手・不得手が有り、悩みが付き物です。誰しも長い人生において、仕事もプライベートも乗り越えなければならない壁が必ず立ちはだかります。

例えば仕事に一生懸命な男性であれば、仕事が忙しくイライラしている時にちょっと呑気に諭してくれたり、本当に頑張らなければいけない場面でそれとなくやる気を注入してくれる。

そんな女性こそ、一緒にいたいと思わせる存在になります。

自分のダメな所を自覚してる男性は、もちろんそれを良しとはしていません。

なので「この人と一緒にいたら、自分のダメな部分を変えられるかもしれない。ダメな所を補ってくれるから、一人でいるより素敵な人生を送れる。」そう思わせる事が、彼が結婚したくなる”鍵”となります。

そう感じさせてくれる女性の前では、彼はどんな事も話し彼女とコミュニケーションを取る事で、日々自信を蓄え、次第にその女性が彼にとってなくてはならない存在になるのです。

男性の必要不可欠な存在になるために

とはいえ、なくてはならない存在になるためにはまず彼があなたに心を許すステップが必要。

そのステップとは、「共感・興味・褒める」です。

この3つのステップについて詳しく解説していきましょう。

①まずは共感からはじめよう

「共感」とは同じ映画を見て、あのシーンが泣けたとか、笑えたとか、仕事が上手く行かずに辛かった話のをしてくれた時に同じく少しだけ辛い気持ちになる等、相手の気持ちに同調する事。

相手の気持ちがよくわかるというのはその局面において、その人にとっての「小さな理解者」となりますので、この行為は男女関わらずに人との距離は縮まります。

例えば彼が何かを話してくれる場合、彼の目を見てしっかり話を聞きましょう。

ここで重要な事は、彼が何をどう考えて今その話をしてるのか、どんな気持ちでいるのか、その人の事をきちんと理解した上で、頷いたり「わかるわかる」と相手に伝える事が最初のステップです。

②興味を持っている事を素直に表現する

彼に共感をした後は、「あなたの話に興味があるよ」「しっかり聞いているよ」という事をよりきちんと伝えるために、彼と2人でいる時や、みんなといる時に関わらずしっかり話を聞く中で、気になった点はそのまま素直に質問してみましょう。

質問されるだけで人としてちょっと「興味を持ってもらった」という印象になります。これは、彼の口数が少なく会話が生まれにくい場合も有効です。

もし、スーツがピシッと決まってたら「スーツが姿が決まってますけど、お仕事は何をしてるんですか?」

等と身に付けてる物や、彼の行動、人から聞いた彼の話等のわかる情報から質問してみる事で会話が生まれて来るでしょう。

③褒めるとは斜め上の共感行為である

次のステップは「褒める」です。

彼がした行動に対して「私にはできないけど、あなたにはできる」等と相手に伝えられる事ができれば、そこに小さくとも尊敬の念が込められます。

人間は承認欲求が根源的にありますから、自分が拘っている部分に対して褒められると「この人には心を許していいかも・・・」と思うものです。

共感し、興味を持っている事を伝え、そして褒める。

そして彼が嬉しそうにしていたら、これだけで、あなたは彼にとって、居心地の良い女性の入口に立つ事ができます。

胃袋を掴むごとく心を掴む褒め方

ではより良い褒め方とは、どんな褒め方でしょうか?褒めるという行為は簡単そうで非常に難しい行為です。

大切なのは、相手のこだわっているポイントはどこなのかを把握した上で、どこがどのように良かったのか具体的な理由を添えて褒めること。

褒める第一ステップはその人がおこなった事、つまり「行動」を褒める事が簡単でしょう。

ではここで「行動」を分解してみましょう。

  • その行動をしようと思った”発想”
  • その行動を起こす流れを考える”思考”
  • その行動を行う”過程”
  • その行動を行った”結果”

単に行動するだけでもこの様に分解できます。

この4つのどこかに彼の拘り(注力)ポイントがあります。もちろん1つで無い場合もありますが、この拘りポイントを集中的に褒める事でより彼のハートに近づく事ができるはず。

ここでは男性が拘りを持ちやすい、仕事を例にとって4つのパターン別に見て行きましょう。

エンターテイナータイプの男性には発想を褒めると効果的

みんなを楽しませようと賑やかに振る舞う男性は、周囲も頼るアイディア営業マンタイプであるケースがあります。

彼「先月営業実績が一位だったんだよ。取り扱ってる新商品の売り方がパッと思いついちゃったんだよね」

あなた「えー!やっばい!そんな事普通の人だったら絶対思いつかないよ〜◯◯さんてやっぱり天才!わたしにもその発想力欲しいな〜」

彼心の声(えーこの子、めっちゃいい子。やばいかも。。。)

この様な直感タイプの男性には、感嘆符を使う様な直感的な話し方でその発想力を褒めるとより効果的です。

逆に達成までの計画や筋道・理論を褒められても、彼の中では成功の中にそれらが「存在すらしない」事もあるので、的外れな褒め方をしない様に注意が必要になります。

クールな男性へは思考方法やロジックを褒めると良い

中には物静かで一見とっつきにくい知的でクールな男性もいますよね。

このタイプの男性は、事実に基づいて順序立てて物事を説明してくれるため、誰にでもわかりやすい説明をしてくれたりします。

彼「仕事の効率がすごい悪い後輩がいてね。ほとんどみんな定時に帰る職場なんだけど、その子だけいつも夜遅くまで残ってるから毎回上司に怒られてて、見るに見かねて1週間、毎朝その後輩のタスク洗い出して業務整理をしてあげたら毎日定時で帰れるようになったんだよ。やっぱり仕事はやり方次第で効率が大きく変わるね。」

あなた「それって普段から◯◯さんが仕事の効率をあたりまえの様に考えてるから、実行的なアドバイスができるんですね。◯◯さんみたいに仕事ができる先輩が、私の職場にもいたらいいなぁ。」

彼心の声(要点をきちんと理解してくれてる、いい子だな。。。)

ここで注意が必要なのが、ロジカルで知的な彼に、単に「すごいね!」「カッコいい」と言うだけでは彼の腹には落ちません。

何故すごいと思ったのかの「根拠」をきちんと伝えないと、「この子はきちんと理解してるのか!?」と逆効果になってしまうので、ノリで褒めるのは厳禁です。

コツコツ努力家タイプの男性には達成までの過程を褒めるのが有効

ちょっぴり大人しくて、普段はあまり目立たないけど笑顔がとっても優しい男性。

人に尽くすタイプの彼は努力を惜しみません。地道にコツコツとゴールに向かうタイプなので、こういった男性には達成までの過程・努力していることを褒めてあげてください。

彼「最近帰りが0時を回る事が多くて帰宅時間が遅いんだよね。でも今のプロジェクトの達成が見えて来たからもう一踏ん張りなんだ。」

あなた「◯◯さんて本当努力家なんですね!うちの職場にはそこまで頑張ってる男性は見た事ないな。なかなかできる事じゃないと思うし、私はマメに頑張れる男性って好きです。」

彼心の声(普段そんなに褒められる事ないからめっちゃ嬉しいな。。。)

このタイプも結果のみを切り取ってすごいすごいと褒めてもダメです。

褒める場合はしっかりと理由を添えて話さないと、「適当に褒めてる八方美人」という印象になりかねませんので、きちんと理由も伝えた上で褒めましょう。

俺様タイプの男性は成し遂げた結果を褒められるのがツボ

常に結果を求める男性はその成果を挙げたこと自体に誇りを持っています。この手の男性は目力が強くてプライドも高いです。

彼らは勝負で勝つ事・結果を出す事を重要視していますので単純にその成果を褒めると良いです。

彼「今3つの事業をやってるんだけど、3つ目もようやく軌道にのって来たよ。3ヶ月で黒字にする事が最初の目標だったから一安心。これからが本番だけどね。」

あなた「え〜!超すごい事じゃないですか!起業に挑戦する人の話は聞いた事あるけど結果を出すことがすごい。◯◯さんてすごくモテますよね?結果にコミットする男性って本当格好いい!」

彼心の声(それはすごい事に決まってるんだけど、ここまできちんと話を聞いて言ってくれると嬉しいな。。。)

このタイプの男性は、「頑張った」「努力した」という過程を褒める類の単語は基本NGとなります。

彼らは目標を「成し得た」という事実にこそ誇りを持っています。いかに彼の成果がすごいかを改めて伝えてあげましょう。

褒めるポイントはもちろん仕事だけじゃない

上記の例の様に、その人の拘りや注力ポイントをしっかり見極めてから褒めてあげることで、より相手との距離が近くなります。

単純に自分が頑張ってる事に興味を持って、褒めてもえたらとっても嬉しいですよね。

もちろん、男性は仕事だけでなく、趣味や家事等、何かに強い拘りを持つ傾向がありますので、会話の最中にこの傾向が出たらすかさず拾って褒めてあげてください。

こだわりポイントを探すには目利き力

ではこの人によって違う「拘りポイント」を探すにはその人の何を見たら良いでしょうか?

これにはその人の”芯”の部分を見極める「目利き力」が必要です。

コミュニケーションカレッジでは、男性の拘りポイントに対しての目利き力を養う講座を実施しています。

また、本記事では言及しきれていない、彼に「結婚したい!」と思わせる・彼の足りない部分を補う等のさらに踏み込んだステップも。

想いを寄せる彼にの心に確実に近付きたい方は、是非当講座にてお待ちしております。